妊娠中の妊婦に葉酸が効果的

葉酸のサプリメントと効果

葉酸は、妊娠中もしくは妊娠を考えている女性にとても重要な栄養素になります。

葉酸TOP > 妊婦に効果的

妊娠中の妊婦に葉酸が効果的な理由

葉酸は、別名『妊婦のビタミン』と呼ばれるほど、妊娠中または妊娠を希望する女性にとって大変重要な栄養素です。

特に妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれています。

研究によると、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月の間に葉酸をしっかり補った場合、およそ70%の確率で神経系の障害を予防することができると報告されています。

日本では、2000年から妊娠可能な女性に対して葉酸を摂取するよう厚生労働省が呼びかけを始めており、2002年からは母子健康手帳にも妊娠中の葉酸の必要性が記載されるようになりました。

染色体異常を予防

葉酸は、DNA(遺伝物質)が造られる時に働く補酵素で、細胞分裂に不可欠な栄養素です。

そのため、葉酸が不足すると、細胞分裂の際にDNAのミスコピーが発生し、遺伝子情報が正確に伝達できなくなって染色体に異常をきたす可能性があるのです。

細胞分裂が最も盛んに行われる時期は妊娠初期にあたる妊娠2~4週目頃ですが、一般的に妊娠は5週目以降に判明することが多いため、妊娠に気づいた頃ではタイミングが遅くなってしまいます。

もともと葉酸は妊娠1ヶ月前くらいから摂取するのが望ましいため、妊娠を希望していたり、妊娠を予定している方は日常的に摂取しておくと良いでしょう。

妊娠リスクを低減

葉酸には、神経管閉鎖障害などの先天性異常のほか、流産予防や子宮内壁の強化、受精卵保護効果など、妊娠リスクを低減するはたらきがあるといわれています。

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれているため、通常の食事からも摂取できますが、ビタミンCと同様の水溶性ビタミンBなので、必要量以外は尿として排出される性質を持っています。

そのため、日常の食事だけでなかなか補給できない場合は、不足分をサプリメントで補うのも1つの手です。

葉酸はビタミンB12と同時摂取することで効果を高めることができるほか、DHAとの併用で早産の回避や脳の発育を促進することができるため、あわせて摂ることをおすすめします。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 葉酸のサプリメントと効果 All Rights Reserved.